2022FOMC

こんにちは。暴落メンタリスト思考停止三郎です。
年8回開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)が発表する次の「米国政策金利」についてまとめました。




金利が金融市場にどう影響する?

一般的に金利が上がると「その国の通貨は上昇、株価は下落」します。
逆に金利が下がると「その国の通貨は下落、株価は上昇」します。
2020年のコロナショックの際には各国が金利を下げた(金融緩和)ことにより2020年~2021年にかけて株価は大きく上昇しましたが、
2022年はその反動でインフレ(市中にお金が出回りすぎて通貨価値が下がり、物価が上がる)が起こり、各国が金利を上げる(金融引締め)方向に転じています。
ただし、日本だけは金融緩和を継続しているため、円安が長期的に続いています。

次の米国政策金利発表日時

2022年12月15日 04:00(日本時間)


直近決定の米国政策金利

<2022/11/2決定の政策金利>
4.00%(↑0.75%)


次回の予想金利

11/12時点
4.50 - 4.75(+0.75%)
4.25 - 4.50(+0.5%)★優位



2022年の米国政策金利変動履歴

以下の表にまとめました。
回次日付変動金利備考
12022/01/27±00.25%
22022/03/17+0.250.50%
32022/05/05+0.51.00%
42022/06/16+0.751.75%予想+0.5
52022/07/28+0.752.50%
62022/09/22+0.753.25%
72022/11/03+0.754.00%
82022/12/15
合計年初来変動合計+3.75


参考ページ

https://jp.investing.com/central-banks/fed-rate-monitor

上記ページを参考にしました。


各国の政策金利は以下ページで確認できます。




関連記事







みんなも始めよう株式投資。みんなも始めよう米国株ブログ。心を燃やせ
↓クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
 
IPO・新規公開株ランキング

<Sponsored Link>