WS000886

こんにちは。思考停止三郎です。
サイト品質向上のための「SEO(検索エンジン最適化)対策」についてやるべきことをまとめました。



1.長期間インデックスされていないページの削除

WS000887

Google Search Console」では「Googleにインデックスされていないページ」の確認ができます。
その中でインデックスが登録されない明確な理由がない「クロール済み - インデックス未登録」「検出 - インデックス未登録」に着目します。
当然この2つはインデックスされていないのでGoogleでの検索にも表示されることはありません。
通常Googleは自動的に新しいページをインデックスしてくれますが、長期間インデックスされていないケースがあります。
その場合は「ページ内容が不足している」「他ページと内容が重複している」など問題がある可能性があります。
「どうしても残したい」「リライトして内容を補完する」などの理由がない限りは、サイト品質向上のためにページを削除したほうが良いでしょう。


<副次効果>
  • 総ページ数が減少するため、良質記事のクロール間隔が短くなる


2.ページタイトルにキーワードを設定する

基本的なことですが、実際に検索されるワードを想定してそのワードをタイトルに設定することを心掛けましょう。
例としては以下になります。
WS000879



3.URL(ファイル名)を簡潔にする

意識的にURLを簡潔にわかりやすく設定しましょう。
例えばこのページのURLは以下です。「SEO.html」にして簡潔に設定しています。
また簡潔ながらもページ内容がわかるファイル名が推奨されます。

簡潔なファイル名の例
https://rengoku.work/archives/SEO.html


4.目次を設定する

WS000888
ページの最初に目次と見出しを設定して、目次リンクから各内容に飛べるように設定しましょう。
これは面倒でも全てのページで設定することを推奨です。


参考ソース(タグ)は以下になります。
<div  style="text-align:left;padding:10px;border-color:#cccccc;border-width:2px;border-style:solid;width:90%;background:#ffffff;">
<b>目次</b><br />
<ol>
<li><a  href="#1">長期間インデックスされていないページの削除</a></li>
<li><a  href="#2">ページタイトルにキーワードを設定する</a></li>
<li><a  href="#3">URL(ファイル名)を簡潔にする</a></li>
<li><a  href="#4">目次を設定する</a></li>
</ol>
<a  href="#12">関連記事</a>
</div>

<br /><br /><div>

<h2  id="1">1.長期間インデックスされていないページの削除</h2></div>



5.LCPを改善する

WS001293
LCPはLargest Contentful Paintの略で、「ページの表示速度」や「読み込み時間」を示す指標です。
直訳すると「最大コンテンツの描画」で、そのページにおける最もサイズの大きなコンテンツの読み込みにかかる時間が問題となります。
Google Search Console」でページごとのLCP時間が確認できるので2.5秒以上かかるものは改善しましょう


6.「robots.txt」を配置する

robots.txt ファイルは、Googleなどの検索エンジンのクローラに対して、サイトのどの URL にアクセスしてよいかを伝えるものです。
クロールの必要ないページを「Disallow(不許可)」で制限しておくことでその他のページのクロールがスムーズに行われます。

robots.txtの書き方の例
User-Agent:*
Disallow:/archives/blog_pv_2023.html



関連記事






みんなも始めよう株式投資。みんなも始めよう米国株ブログ。心を燃やせ
↓クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
 
IPO・新規公開株ランキング